FC2ブログ

本日のあーちゃん 愛犬の病気(クッシングと気管支拡張症)の日記+3ワン

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と診断された犬、あーちゃん(ヨークシャーテリア)の日記。 毎日の尿や飲水量、体調の記録。+3ワン+時々飼い主

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クッシング症候群になる前というか、体調を崩す直前の2006年4月~5月。
写真で確認するとこの1年で、こんなに違う。
この違いに気づいたのは、2006年の輸液通院後の夏の終わりのトリミングの時。

1枚目の写真のだら~っとした姿は、この半年間で、全く見なくなった姿。
くつろぐ時は、いつもこんな感じだった。
今は、ゴロンと横になる事がほとんど。
くつろぐ姿が変わったのは、病気のせい?

2006年春、今と同じ季節。
散歩中の2枚目、3枚目の写真の様な表情はほとんど見ない今。
興奮しなくなったからだろうし...
この写真、見るとすごく楽しそう♪
今は、胸が締め付けられる全然だめな弱い私。

4枚目は、2007年、最近の写真。
上からみると、こんなに白くなってしまったんだと、改めてショック。
1枚目と4枚目。
身体のラインの違いがわかる。

がんばりすぎじゃない、あーちゃん。
これ、あたしの邪気を吸い取ってくれたように見えてしまうよ。
いつもいつも本当にありがと。
好きすぎて、言葉にならないんだ。

c200605202328000.jpg

c200604201639000.jpg

c200604241725000.jpg

DSC00037.jpg

スポンサーサイト
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2007年4月11日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油ドックフード15g
ささみ少しとヨーグルト小さじ1
●飲水量→180ml(cc)+フードをふやかす分100cc
●尿→テストした中では問題なし。回数→6回
食前に尿漏れ1回。
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のポロリウンチ→1回
●咳→日中多かった。
●薬→特に変わった事はない

弱気なのは私の方だと思った日。

2007年4月12日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油ドックフード15g
ささみ少し。
●飲水量→150ml(cc)+フードをふやかす分150cc
●尿→テストした中では問題なし。
尿回数→6回
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のポロリウンチ→2回
●咳→午前中、大きな咳が続いた事があった。大体、昨日と同じくらい。
●薬→特に変わった事はない、熱、嘔吐、下痢、なし。

落ち込んだ分、今まで生きてきた中で、一番強い気持ちを持てる様な
そんな気がした日。
またここでも、この子に助けられるんだ。

2007年4月13日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油ドックフード15g
●飲水量→180ml(cc)+フードをふやかす分120cc
●尿→1回糖の反応あり(試験紙の一部がまだらに)
尿回数→6回
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のポロリウンチ→1回
●咳→一日通して多かった気がする。
●薬→嘔吐、下痢、熱なし。
散歩は、歩きたいけど歩きたくないような感じで。辛い様子はなかった。

2007年4月14日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油ドックフード15g
●飲水量→180ml(cc)+フードをふやかす分120cc
●尿→テストした中では問題なし。
尿回数→9回
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
●咳→一日通して多かった気がする。
●薬→嘔吐、下痢、熱なし。
散歩中、歩きながら咳。
家でも動くと咳がちょこちょこ出る。

2007年4月15日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油ドックフード15g
●飲水量→160ml(cc)+フードをふやかす分120cc
●尿→問題なし。
尿回数→7回
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のポロリウンチ→2回
最近のウンチが少し柔らかめなのは、吉岡のドックフードのせいかな?
●咳→このところ、多いかも。
●留守中(夕方)にフードを吐いた(7.8粒位)
その後問題なし。食欲あり。

久々の嘔吐に先日の高熱が頭をよぎる。

2007年4月16日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油ドックフード15g
ヨーグルト小さじ1、ささみ。
●飲水量→145ml(cc)+フードをふやかす分120cc
●尿→1回糖の反応あり(25秒でまだらに)
尿回数→6回
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のポロリウンチ→1回
●咳→多いなぁ。
●薬→嘔吐、下痢、熱なし。

夜、凄く眠そうだった。留守中寝てなかったのかな?
目をかく仕草、気になる...なんだろう??

2007年4月17日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油ドックフード15g
ヨーグルト小さじ1、ささみ。
●飲水量→135ml(cc)+フードをふやかす分120cc
●尿→2回糖の反応あり(25秒と30秒と。まだら)
尿回数→6回
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のポロリウンチ→1回
●咳→多いなぁ。
●薬→嘔吐、下痢、熱なし。

2回、糖の反応が出た。
普通のドックフードのせいか??
今日も眠そう。
ルースアがそばで遊んでいてもスヤスヤと。


2007年4月18日
●フード→プリスプリクションw/dを117g+吉岡糧油ドックフード12g
ささみ少し。
●飲水量→150ml(cc)+フードをふやかす分120cc
●尿→1回糖の反応あり(25秒で薄らと)
尿回数→5回
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のポロリウンチ→3回
●咳→多い...。
●薬→嘔吐、下痢、熱なし。

今日は、少しだるそうにしている。


DSC00038.jpg

2007年4月9日
●フード→プリスプリクションw/dを110g+吉岡糧油コンフォート20g
ヨーグルト小さじ1杯。
●飲水量→180ml(cc)+フードをふやかす分100cc
●尿→テストした中では問題なし。回数→8回(散歩時を1回とする)
尿漏れ、ほんの少し。
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている
トイレ以外のゴロゴロしながらのポロリウンチ→2回位
●咳→咳き込む程ではないが、夜間、多い
●薬→特に変わった事はない
●散歩→雨が降っているのでお休み。

一日ゴロゴロ過ごしたけど、目もパッチリ、だるそうな様子もない。

2007年4月10日
クッシング症候群の治療の為の薬を飲み始めて10日。
血液検査をする為、病院へ。
問診や身体のチェック、この10日間の事を報告。
検査結果を待っている間、少なからず毎度のように興奮してしまうので
今日は、ささみのおやつを持参で。
タイミング良く、患者さんも少ない時間で待合室は、ガラガラ。
それでも、少し落ち着かなくなってきたので
「ごはん、食べる~?」
と、声をかけてみる。
それはそれは嬉しそうに、小さく小さくちぎって食べさせ、時間を稼ぐ。
薬を取りにきた飼い主さんに撫でられたりしていると、あっという間に検査結果が出た。
----------------------------------------------------------------------
★血糖値が前回より高い
★肝臓の数値も微妙に上がってる
(どちらも、許容範囲)
そして、昨年体調を崩した頃から高かった、ALPが下がっていた(^^)
その他、特に異常なし。
----------------------------------------------------------------------
先生「ぱっと見た目は健康なわんちゃんなんだけど、ねぇ?」と、あーちゃんを撫でる。

私『この10日間、よく歩いて、声も最近では、よく出ていて...
そういえば座薬(解熱剤)なんですけど、その時は、1本、入れて良いんですよね?』

「あ~これね、人間だと赤ちゃんが使う量だから。(あーちゃん)約5kgだから...ね。」

『ですよねー(^^;)人間と同じだから、なんだか...ですよね~(^^;)わは、わはは...』

~この座薬、旦那が以前使ったことのある、同じ薬で
「俺が1本入れるのに、犬だぞ??本当に1本かよ??」
『座薬、割るなんて聞いた事ないでしょ!1本でしょ~!』と、プチ会議しました。
ちょっと、考えたらわかる事だったのに、この時はわからなかった(__;;)
大人二名様...馬鹿すぎる~

★薬の量について。
今日までの薬の量→体重1kgあたり、5mg
明日からの薬の量→体重1kgあたり、10mg
現段階で、薬をMAXに与える事は必要ないとの事。

「じゃーまた、変わった事がなければ、10日後に連れてきてくださいね」

薬を処方してもらい、病院を出る。
病院の近所にある、芝生の公園まであーちゃんをキャリーに入れて、そこで少し休憩。
少しマッタリして排泄を済ませてから、タクシーを拾って帰宅。

通院に慣れてきたのか?おやつ効果なのか?
帰ってからグッタリした様子もなく、普通に。
ラッキとルースの散歩に行こうとすると、自分も行くとばかりに急いで着いてくる。
イチロも居るよ!と、アピールしてから散歩へ。
これを書いている今も布団でスヤスヤ寝てる。

---------------------------------------------------------------------
お薬の事ですが、今、あーちゃんが服用しているのは「ケトコナゾール」です。
このブログを始める前に日記につけていたまま、コピペしたので
クッシング症候群とわかってすぐ、私自身でトリスタン?、ケトコナゾール?ミトタン?
と記録していて、その当時、どの薬で治療を始めるか決まっていませんでした。
処方される日に主治医との会話で、ケトコナゾールで治療という事になりました。
プロフィールにトリスタン(デソパン)と載せてしまっていたので、
先程訂正しました。申し訳ありませんm(__)m
先月、治療を始める事になったとわかった私の動揺が、そのままでした(><)
そして、薬の効果も、薬の事も、まだよく把握できていない...
情けない...
----------------------------------------------------------------------


DSC00025.jpg

DSC00003.jpg

DSC00005.jpg

DSC00023.jpg

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2007年4月6~8日
●フード→プリスプリクションw/dを115g+吉岡糧油コンフォート15g
ヨーグルト小さじ1杯。
●飲水量→150~200ml(cc)+フードをふやかす分100cc
●尿→テストした中では問題なし。回数→6~9回(散歩時を1回とする)
尿漏れなし。
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている。
トイレ以外のゴロゴロしながらのポロリウンチ→1日1回位
●咳→6日多い。7日少ない。8日少ない。
●薬→吐く事も熱もなく、副作用はない...みたい。
●散歩→先月より、歩いてるかもしれない。
公園で休憩しながら、ゆっくりと。
●しっぽの脱毛が前よりも目立つ。

クッシングの薬のみはじめて、1週間。
見た目では、ほとんど変わりない。
今のところ、副作用もないようなのでちょっぴり安心。
明後日、血液検査の予定。

今日、ちょっと前から気になっていたことを試してしまった。
最近、走る姿をあまり、というか、ほとんんど見ていなかったので、
走れるのかなぁと、ドックフードを1粒投げてみたら...
走った。もの凄い早さで走った。
ここだけみると、前と変わりないのにな。

今週も笑顔でがんばりましょ。


DSC00006.jpg

DSC00001.jpg

200704021641001.jpg

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2007年4月5日
●フード→プリスプリクションw/d、115g+吉岡糧油コンフォート15g
ヨーグルト小さじ1杯。ゴン太のささみジャーキーを0.5枚ふやかして。
●飲水量→200ml(cc)+フードをふやかす分100cc→300cc
●尿→テストした中では問題なし。回数、8回。(散歩時を1回とする)
ほんの少しだけ尿漏れあり。トイレ行くの、だるい??
●ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている。
トイレ以外のゴロゴロしながらのポロリウンチ→3コ
4日前から普通食の吉岡糧油のフードを混ぜているからなのか、
ポロリウンチが減ってきた。
ずっとw/dのみだったから、臭いもなかったんだっけ。
久しぶりにコロコロウンチではないあーちゃんのウンチを見た気がする。
なので、他の3頭と同じく、少し臭いのするウンチでなんだか嬉しいな(^_^)
●咳→昨日と同じく。咳き込んで止まらない事はないけど、多いなぁ(><;;)
咳が多くなると、疲れているようにみえる。
●薬→今日は吐く事もなく、副作用はないようだ。

今日は、天気も気持ちよかったから、はりきって14時頃、散歩へ。
昨日、散歩中に雨に降られて、サクッと散歩しただけだったので、
今日はゆっくりのんびりとしようと出かけたのだけど...
あまり歩きたい日ではなかったのか、休憩が多かった。
3分の2は、抱っこで歩いて...。
抱っこしても、おろしてとせがむのだけど、10メートル位歩くと
座ってしまう。
歩きたいけど歩けない。
みているこちらも、毎日、これがなにより悔しくなる。
何より散歩が大好きなあーちゃんは、もっともっと悔しいだろう。
抱かれてるあーちゃんは気持ち良さそうだったけど。
お日様が気持ちよい。
夜型の私、お日様が気持ちよいなんて、何年ぶりかしら。
「気持ちいね~」と、声をかけると、笑みを浮かべている様な顔つきで。
ポジティブに解釈。

うちには、他にもヨーキー、柴犬、ミニチュアダックスがいる。
散歩は、ランダムに2頭とか3頭だったり、たまに4頭だったりで、出かける。
どの子達も本当の兄弟ではないけれど、散歩中、その他の犬達が
抱かれているあーちゃんを気にして、よく振り返る。立ち止まる事もある。
気にしてくれているのだと、これまたポジティブに解釈。

病気がわかって、悩んで悔しくてイライラして泣いて泣いて泣いたけど
あーちゃんがここにいてくれる今が何より大切で、私の生きる糧になっている。
病気というと、なんだか不幸せな印象があった。
でも今、なんだか幸せ。一緒にいることが幸せ。



200703121700000.jpg

200702111615002.jpg

200701291717000.jpg

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2007年4月4日
飲水量→265ml(cc)フードをふやかす分を含む
尿→テストした中では問題なし。回数、7回。
ウンチ→問題なし。ちゃんとふんばってしている。
咳→少し増えたかな。咳き込んで止まらない事はないけど、多い。

一日通して、特に変わっ様子はなかった...はずだったけど、
夜19時頃、胃液を吐いた(透明、白、泡状のもの)
お腹空いてたのかな?
副作用じゃないよね??
その1時間後には、ご飯もペロリ。
その後、嘔吐もなく、すやすや寝てる。
熱、測ろうと思ったけど、すやすや眠ってるから測らなかった。

嘔吐、気になる...
200702111648001.jpg

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2006年7月
あーちゃん(登録名はクッキ)
以前から、気管支拡張症と膝蓋骨脱臼。
そして、6月末、それは突然始まった。

6月、隣の会社の建て替え工事が予告もなく始まった。
ガシャンガシャン、時にはドシンと。
連日、震度2.3程度の揺れ...。
解体が始まって数日たった頃、あーちゃんが毎朝、嘔吐するようになった。
3日続いたので、病院へ。

診断は
『胃炎』 (>_<)
「ガスター」を処方してもらい、その後、定期的に通院。
その後数ヶ月間、毎日ではないが、2.3日に一度だったり、毎日だったり
嘔吐が続いた。(主に胃液、白く透明で泡状のもの)
それからしばらく通院が続いて...
9月のある日に、以前とは違う激しい嘔吐。
食事も水も全く口にしないので、あわてて病院へ。

先生『熱が高いね』

すぐに血液検査。

『急性肝炎といえるかな、人間だったら2、3ヶ月入院だよ』

(>o<;)

自宅以外のお泊まりや入院した事がなく、病院は苦手。というか嫌いだろうな。
興奮すると気管支拡張症なので、興奮するとチアノーゼを起こし、
パタリと倒れて...ってことがあるかもしれないからと、通院する事になった。

2週間半、輸液通院。

あっという間に元気を取り戻し、少し落ち着いた頃、
ジワジワと尿漏れらしいものがあった。
通院時に尿を持参し、尿検査をしてもらう。

先生『糖が出てますね』

(T0T)

血液検査。

『血糖値が尋常じゃないなぁ』

(T0T)

2週間のインシュリン注射と、2.3日おきに血液検査で通院。
食事は、処方食(療法食、w/d)に変えた。
毎日、飲水量と尿試験紙で、糖が出ていないかをチェックする。

血糖値はあっという間に落ち着き、尿検査も問題なし。
『様子をみましょう』
ということになり...
インシュリン注射は、ひとまず終わり。
その後は、処方食。 飲水量と尿チェック(試験紙)で過ごす。
全て問題なし...だった。

11/1
久々に病院へ。
肝臓、血糖値のチェックの為、血液検査。
腎臓、肝臓、黄疸等全く問題なし...が!

血糖値→245
(T0T).....OTZ

引き続き
処方食、飲水量と尿チェック(試験紙)で様子を見ることに...
『試験紙で糖が出たら、すぐ連れてきてくださいね』
今日まで数回血液検査をしていますが、まだまだ血糖値は200~246と高く
油断はできません(T_T)

胃炎の為、一日分を4回6時間おきに食事。
尿のチェック(試験紙、回数、色等)
飲水量のチェック。

あたし自身、体力が追いつかず、めずらしく風邪をひいたり、ぐったりしたり...
こんな時こそ、飼い主もしっかり体調管理しないと。
以前、申し込んでいたペットの保険。
11/1から、やっと使えるようになったので
金銭的には、少し楽になったかな。

...糖が出る前に申し込みをしておいてよかったかもしれない。

こんなに次々と体調を崩すとは、想像つかなかったのだ。
以前から、犬の様子はまめにチェックしていたつもりだったのに
『飲水量は?』 とか
『顔色は?』 とか
即答できなかったのが何より恥ずかしかった。

今までは、お水は、たっぷりと常に大きな器に入れておき
顔色なんて、どこ見りゃわかるんだ?と。
全く恥ずかしい。

これまでの6ヶ月、いろいろな事を知る事ができた。
元気はあるか?とか、食欲はあるか?は、もちろんのこと、
・舌の色
・歯茎の色
・白目の色
・おしっこの色 、量、回数
・うんちの色、固さ
・その犬に適量な飲水量
・呼吸は?
・熱が出てるかな?と感じた時の、身体や耳の温度
体温計は、気がかりな事がある時には使っていたけど。
この頃は、後ろ足の内股に挟んで、地味に測っていた。

インシュリン注射できたらから、かなり自信がついた。
やればできるじゃん。
こ~んなカス同然みたなあたしでも役に立つのだと。
病院で2度練習して、もうその日の夜は、あたしがしなければという状況。
で、またここで、あたしの持病の薬が効かない。
こんな時に...全く...ふーらふらだ(@@)
酒でも一気にと思い詰める程。でもそれはできないし(;_;)
コーヒーをガブガブ飲んで、換気扇の下でタバコをパカパカ吸いました。
もう、オエッてなるくらい。
注射する時間は決まっているので、いつまでもぐずぐずしていられないので
腹をきめて...いざ!!
最初は、手の震えがとまらなくて、注射器の中に沢山空気がはいってしまって、
あたふた。
注射器の中の空気が抜けなくて、時間かかる。そして、ご飯待ってるあーちゃん(>_<)
でも病院で、先生やスタッフの方達が、なんだかとても笑顔で
『できるよ、大丈夫、パニくったら電話してくださいね!』
と。見送ってくれた事を思い出したらすーっと楽になって、一気にプスッと。
............終わった。
この、初めて我が家で一人で注射した時の事は、正直ほとんど覚えてない(^^;)
5回目位からかな?なんだか余裕まで出てきて。
病院でも我が家でも、幸い、犬の方は、食事に夢中で。
そして、注射器。シリンジと呼ぶのですね。人間用のものです。
針が髪の毛ほどの、とても細いもので痛みはほとんどないとの事。

それからは、糖尿病予備軍ということで、様子をみていました。
どちらかというと、気管支拡張症の方が心配なんだとのこと。
無理に運動はさせないよう、毎度言われていた。

糖尿病の犬の飼い主さん達、どうぞ、前向きに明るく過ごしていてくれますように。
あたしは、ほんの数日の投与でしたが、少しだけ気持ちがわかります。
あたしの旦那は、結局1度も注射をせず、その期間を過ごしました。
協力的ではないのか、怖かったのか?今更聞きたくもないですが(ー3ー)
あたしのように一人で抱え込むのは、思っている以上に苦しいものです。
是非、家族に協力してもらって、自分の時間も作って頂きたいと思いました。
あっ、普通は皆、協力してくれてるんだろうなー。うちだけか(^^;;)

まず、なによりも定期的な健康診断。
健康管理に自信がないあたしのような奴には大事なこと。
基本的な変化。
普段からもう一歩踏み込んでチェックしていたら ...
もっと早く気がついたかもしれません。
うちは、4頭と、多頭飼いなので、他の犬の様子と比べて
こんなもんかな?とか思いがちだったのかもしれない。 馬鹿すぎる...
これまでも、犬の様子は、ノートに記録してきたけど
個々の違いを今まで以上にしっかり把握しなければ、 また、慌てる事になる。
犬種、性格が違うのは見た目や生活からもよくわかるけど、
体質って見た目だけじゃわからない。

病気の犬を飼っている方、がんばりましょー。
かけがえのない家族ですもんね。200702191619000.jpg

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2007年3月31日
夕方、病院へ。
まず、問診、聴診、熱。
それから、飲水量、自宅での尿試験、食欲、日常の様子などを報告。と、皮膚のチェック。
石灰沈着がペニスのところと、お尻にも少しあるので、再度確認。

「これもそうかな?...あー、これも...うーん...」
というぐあいに、あちこちみてもらう。

気管支拡張症については、咳をどのくらいしているかを報告。
1.2月は、咳がとてもヒドく、肺の状態もよくなかった。
ここ数週間は、なぜだか咳が少なかった。
でも、この1週間は、夜中~朝方に咳き込む事が多く、少し心配だと話す。

「こっちの薬の方は、もう少し様子を見ましょうか...ね」

とのこと。
数週間前、夜遅く、嘔吐、高熱を出し、夜間救急に行った。
その頃、「メジコン」という、咳止めの薬を飲んでいた。
以前は、「ネオフィリン」という気管支拡張剤を長い間のんでいたのだけど
(私的に)あまり効き目が見えてこなかった為、薬を変えて1週間たった頃だった。
と、皮膚組織の検査の為、皮膚の2カ所の一部分を切り取り、5針縫ったので
コウセイブシツも飲んでいて、この抗生剤も2日前に飲み終わったところだった。
この高熱の原因がこの「メジコン」原因という疑いがあった為
(夜間救急の先生も、かかりつけの病院の先生も強く疑っていた)
その日から「メジコン」は中止し、気管支拡張症の薬は一時お休みすることになった。
この時はコウセイブシツも、もう少し続けましょうと、その後10日のんだ。
この、抗生剤も

「ちょっと様子を見てみましょうね」

そして、本日のメインの話。
前回、かなりの時間をかけて説明をしてくださったので
確認程度に話を聞いた。
まだまだわからない事が多い私は、毎度いろいろと不安をぶつけてしまうので
今日はあまり聞く事はしなかった。

●薬、ケトコナゾール、朝と晩、1包ずつ。(粉状なので)
●薬を飲んだからといっても、見た目はあまり変わらない。
●副作用や少しでも変わったことがあれば、病院へ連れてくる事。
●問題がなければ、1週間後に病院へ行く。→検査
●食事は今まで通り療法食(w/d)
...昨年の胃炎から1日4回にわけてあげている。
体重がゆるやかに減少しているので、1回位は普通食でも良いかもとのこと。
●おやつについて
フードを少し調節して、ささみ1本くらいまでならあげても良い。
ヨーグルトも続けて良い。

よかったねー!あーちゃん。
あげる私もおやつのお許しはうれしいわぁ。

そうそう、このささみ。
どのくらいあげたら良いのかよくわかってなかったので
20g?しか、あげられなかった(^^;;)

しつこい私、...先日の高熱がどうしても気になって不安だと話すと

「熱、出るともう大体、わかるでしょ?」

家でも出来るだけ毎日、熱を測っているので..

『はい、それに病気に関しての説明もなんだか的確に話せないです(>_<;)』

「また、夜間救急行くと、血液検査とレントゲンと、一から検査するとこの子もね、
大変だろうし、費用もね...座薬(解熱剤)出しておきましょうか。出来る??」

『去年インシュリン注射したから、もう何でもできそうです。大丈夫』

「(笑)少し指を入れるようにして、入った事ちゃんと確認してね。
夜中だったらそれで様子を見て、朝一番に連れてきて」

『はい』

いつものように、でっかい声でありがとうございましたと病院を出た。

家に着いてから、明日明日がぐるぐるして、少し前に進んだ様な、心配が増えた様な...
ネットをしようか、ゴロゴロしてもなんだか落ち着かなくて。
その日の夜は、ちょっと飲む事にした。
くだらないTVを見て笑って、普通に。
その方が、あーちゃんも落ち着くだろう。
先月、散々泣いたしね。もう泣かないから。
泣いてると家族の誰より一番心配して、そばにいてくれるもんね。
いつも君に助けられてばかりだよ。

~本日までのあーちゃんの体調~
飲水量→200~270ml(cc)
尿→2日おきなど、ランダムに糖の反応はある。大体1日に1度、まだらに出る。
尿回数→5~7回(散歩時を除く)
咳→級に動いた時、水を飲んだ直後によく出ている。ひとつ咳が出ると7.8回連続する。
ウンチ→問題なし
お散歩→この1週間はよく歩いた方だった。すれ違うわんちゃん達とも仲良く。
4月3日は、前半は歩いたけど、後半はほとんど座ってしまい、少しプルプル震えて
舌先にほんの少しヨダレがついていた。
てんかんの疑いもはれてないので、これまた心配。無理はさせない。
薬→この3日間、変わった様子はない。吐き気、下痢、熱もない。





200703082317000.jpg

200703061752000.jpg

テーマ:■MIX犬■ - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。