FC2ブログ

本日のあーちゃん 愛犬の病気(クッシングと気管支拡張症)の日記+3ワン

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と診断された犬、あーちゃん(ヨークシャーテリア)の日記。 毎日の尿や飲水量、体調の記録。+3ワン+時々飼い主

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年4月24日火曜日
愛する息子あーちゃんが、元通りの元気な身体を取り戻すという、
天国の手前にある、虹の橋へ旅立ちました。
8歳と3ヶ月です。
志半ば、折り返し地点だろう年齢です。

命をかけて抱えきれない程の愛をくれました。
私のこの7年間はあーちゃんがいたから乗り越えられ、いつの間にかあーちゃんと
自分がひとつになってました。
今はまだ、現実とあーちゃんの温もりの中を行ったり来たり、
気配を探してみては、気がつくと涙でいっぱいです。
反省したり、幸せな気持ちだったり、怒ってみたり、悲しくなったり、ボーッとしたり。
個別火葬で見送り、今、太陽に向かって咲く沢山のひまわりに囲まれ、ここにいます(^^)
虹の橋で待っていてくれて、いつの日か私と一緒に天国へ行くんですよね。

少し早足だったよ!!あーちゃん!
これから、あーちゃんを応援してくれていた皆に
あーちゃんがすごーく頑張った事、伝えるからね。

入院は1晩だけでした。
前日の夜、逢いに行った時には、確認するかのように私達をしっかりと見て、
突然、立ち上がってご飯を食べました。
前々日の夜から、高熱と嘔吐が続いて、心臓も少し肥大、肺炎(両方の肺)を
起こしていました。
酸素室が必要なので、家に連れて帰る事が出来ず、初めての入院です。
ご飯を食べ終わると前足で窓をかりかりひっかいたので、
すぐにでも抱きしめて撫でてあげたかったけど、
酸素室から出して抱いてしまえば、帰りたいと興奮して悪化させてしまうかもと、
一日でも早く元気になる様に、様子を見る為の入院でした。
一緒に帰る為に、持参した家のバスタオルを敷いてもらって。
先生も
「念のため、今晩だけ様子をみましょうね」
とのことでした。

この窓越しに逢ったのが最後になりました。
一番の甘えん坊君だったので、病院で息を引き取ったことは、
とても寂しかったかもしれないし、欲を言えば自分の腕の中で看とりたかったです。
連絡をもらって病院へ迎えにいくと、いつも家でしていたように
まったりとゴロゴロお昼寝しているような穏やかな表情でした。
夜中23時~0時頃に名前を呼ぶとしっかり振り向いたそうです。

何も言わずにブログをお休みしてしまった事をお許しくださいm(__)m
少し前から日記の更新をしなかったのは、別の理由があります。
特にここ数ヶ月のことですが、インターネットばかりに時間を費やして
病気の知識が増えるごとに涙を流していました。
そんな時、振り返るとあーちゃんが心配そうな顔をして、そこに居ました。
必ず、パソコンをしている私の姿が見える場所で、私を気にしています。
そうだよね、インターネットばかりして泣いてばかりで...と
少しお休みすることにしました。
そして、1分でも1秒でも、あーちゃんに触れていよう、並んでゴロゴロしていようと...
ラッキーな事に、私の仕事場は自宅なので、出かけなければ離れる時間はなく、
以前からあーちゃんだけは、トイレもポストへ郵便を取りに行く時も一緒でしたから
さらに一緒にいる時間を増やしたのです。
とてもとても幸せな時間です。

心配してくださった皆様、様子をみにきてくれた方々、
報告が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
何より、本当に本当に本当にありがとうございますm(__)m
皆さんの暖かい励ましをパワーにして日々過ごしてきました。
どんなに支えになっていた事でしょう。
一人一人に会って、お礼を言いたいくらいです。

更新していなかったあーちゃんの日々の記録と、まだまだ書きたかったあーちゃんの事が
山のようにあるので、この先もこのブログを続けさせてください。
私の話に、おつきあい頂けたら嬉しいです。
皆さんに聞いてほしい事も沢山ありますので
ご縁があってお知り合いになった皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。
闘っているワンちゃん達、皆さんを今まで以上に応援させてください。
数字に弱く、頼りない私です。
病気の事は、皆さんの方が詳しくて、勉強熱心です。
話を聞く事なら私にも出来ると思います。
なんでも話してください。
いつも頑張っているママ達の肩を揉む様な、そんな感じで、お役に立てたら幸いです。

そしてそして、ひとつだけ、お願いがあります。
このブログを読んでくださったら、愛するワンちゃん達を抱きしめてください。
ワンちゃんが寝ていたら、そっと撫でて触れてみてください。
言葉を使わないワンコ達には、これが一番のお薬なのかなと、思います。
また次回、このブログに遊びに来てくださる時にも同じようにしてくださいね。
このブログを見る度にワンちゃんに触れる機会が1度でも増えたらいいな。


200704221923001.jpg

200704191633000.jpg

DSC00040.jpg

200704221926000.jpg

200703210113000.jpg

200703281741000.jpg

スポンサーサイト
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。