FC2ブログ

本日のあーちゃん 愛犬の病気(クッシングと気管支拡張症)の日記+3ワン

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と診断された犬、あーちゃん(ヨークシャーテリア)の日記。 毎日の尿や飲水量、体調の記録。+3ワン+時々飼い主

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『大丈夫』

この言葉、好きです。
言われるのはもちろん、言うのも好きかな。
ワン達の検査の時も、これを言われると、
その晩のビールが美味しい。
あーちゃんの検査も、血液検査でさえ、
ホッとして、泣きそうになったりもしました。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
私事ですが、もう、情けない程にストレスに弱く、
18の時に全身重度のアトピーで、血がにじむ包帯でぐるぐる巻きwww
漢方、ステロイド、数種のビタミン...良くなるまで2年くらいだったかな。
その1年後、パニック障害になり救急で病院に駆け込む事もしばしば。
それからも、パニック障害からの不安神経症などなど...
いまだ病院に通っていますが...
8年前、なかなか身体に合う薬に出会わず、酷く悩んでいた時に
ラッキ、1ヶ月後にあーちゃんとイチロに出会いました。
出会ってないかw
私の身体を心配した方が「ラッキも可愛いけど、子犬もいいよ♪」と、
ラッキの親戚の子犬をくださる話もありました。
ラッキはすぐになついたので、そこに子犬が来るとラッキが心配だったので
この話は断りましたが...「仲良くなるよ、大丈夫だよっ」と。
そのすぐ後にあーちゃん&イチロ。
...なんだかなんだか家族になった、ワン子達。

そのまた2年後、病院に行く日が少しずつずれて、
ある日、先生が
「...前より随分、顔色がいいですよね。このままね。大丈夫ですよ」
犬の事は話してなかったし、大抵、旦那の悪口ばかりw
病院に行く日がずれるということは、薬の量も減っているということで
...まぎれもなく、ワン子達のおかげ。
散歩があるので、外出時間も必然的に増えます。
生活パターンも変わったのは、ワン子のおかげ。
笑う時間が増えたのもワン子達のおかげ。

あーちゃんをいつもいつも心配してくれたおばーちゃん。
誰よりもワン子を可愛がってる私に共感してくれたのは、
晴ちゃんです。←おばーちゃん。
先日、1周忌の法要でした。

あーちゃんがお星様になり、10日目くらいかな?
私が動ける様になった頃から、病院で3週間位頑張っていた晴ちゃん。
あーちゃんをしっかり看とってからでいいんだよと、
頑張っていてくれたに違いない。

父は、義母にあたる晴ちゃんとは、
母と結婚する以前の10代の頃から縁があり、
アルツハイマーと診断されてからは、誰より父が一緒に過ごしていました。
入院してから毎日毎日、日に2度、私に電話くれて、
「まだ死にたくねーんだよ」「まだまだ大丈夫だよ」と。
10代から船に乗っていた父なので、潮の満ち干きをネットで調べてくれと
日中と夜の報告会は、想像以上に続きました。
毎度、私からの
「明日行くから」
との言葉にも、
「おいおい、すげぇーぞ!晴子さん、明日も大丈夫だよ、まだまだ!」
この「大丈夫」も本当に「大丈夫」でした。
父に、疲れているのでは?との問いにも
「俺は全然大丈夫」
母に限っては、常に泣きそうでしたが(笑)
母にも大丈夫と毎日言っていたことでしょう。

いろんな大丈夫がありますね。

好きだなぁ、これ。c200605232058000.jpg
c200607021604000.jpg
c200607021604000.jpg
c200607160007000.jpg
DSC00644.jpg
DSC00755.jpg










スポンサーサイト
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
c20060916a.jpg
ci200607021819000.jpg
200701291723000.jpg
DSC00786.jpg
DSC00569.jpg
DSC00259.jpg
DSC00002.jpg
久しぶりーU(^T^)U
あーちゃんです。
ボクは、みーんなが、すごーくすごーく頑張ってる事、全部知ってるよっ。
いつもいーっつも見てるし、ずーっと応援してるんだー。
でもママやパパ達は心配で、眠れない夜もあるみたいだね。
大丈夫かな?って、心配でたまらないんだって。

だからさ、
ボクみたいに病気と闘ってるワン子とかにゃん子のママやパパ達の耳元で、
「大丈夫だぞぉおぉぉぉ、楽しいヨォォ」って、言ってるんだけどさぁ、
聞こえてるかな?

だってさ、
ボクの父ちゃんと母ちゃんより、みんなのママとパパの方がしっかりしてるんだもん。
わははU(^T^)U

時間かけて病院行ったり、怖い注射したり、薬飲んだりさ~、
いろいろあるけど、みんな、がんばれるから、がんばってるんだよねっ。
まだまだ一緒にいたいから、がんばれるんだよね~。
だってさ、ボク達は

『生きる事をあきらめないから』

ね。

そうそう!
母ちゃんが、ブログの主の...ね、ボクの事、全然書かないから、一つだけ。
ボクが虹の橋を渡ったって事を、病院から連絡もらったのが、父ちゃんだったんだ。
3日寝ずに一人でボクを看病していて、父ちゃんが出張から帰ってきて、
その日、少し寝ようと朝方に布団に潜ったんだ。
でね、病院から連絡を受けた父ちゃんは、会社に行く途中だったんだけど、
慌てて家に引き返して、母ちゃんを起こしたんだけど...
ボクが虹の橋を渡った事、父ちゃん、言いながら、顔をくしゃっとさせて泣いたら
母ちゃんは、父ちゃんを思いっきり『グー』で。殴ったんだよー。
でね、泣いてる父ちゃん見て、またなんだかムカついて...
その後、3発くらい?(もっとか??)お腹に蹴り入れたんだって。
でも、父ちゃんは、怒らずにボクを「迎えにいこう」って言ったんだけど...
母ちゃんは気が動転して、朝も早よから、母ちゃんの姉ちゃんに電話して
「死んじゃったー!死んじゃったー!」って、ワンワン泣いてたんだって。
父ちゃんはすぐに病院に来たかったみたいだけど、母ちゃんはね...
飛んで来れる状態じゃなかったらしいんだ。
母ちゃん、10代の頃、やんちゃだったらしいよ。...やんちゃは古いかぁ~。

ボクの事、母ちゃんが言うには、ノートが1冊だけ、どうしても見つからないみたいだよ。
小説とか、2巻だけが売り切れで読めないみたいな感じで、なんだかなぁってさ。

-----------------------------------------------------------------------------
1年を過ぎた今。
1年も過ぎていたらしい。

何もありません。
「何もない」とは、おかしいですね。

今は、病気に対しての闘いではなく、自分との闘いです。
後悔、反省、後悔、楽し嬉し悲し想い出、後悔、反省、後悔、楽し嬉し...。

やはり、クッシングやアジソンについては、詳しく知りたいのか
つい調べたり、よくわかりもしない学会の記述まで読んでしまいます。

なので、久々ですが、細かい感情は抜きにして、あーちゃんに登場してもらいました(^^)
殴った事だけ書いたのは、昨年、誰に話してもそこだけ大爆笑してくれるから(^^)

1ヶ月が10日間位のだったような、もう2.3年くらい過ぎちゃったような、
こんな感覚は生きて今までなかったので、度々、戸惑っています。
「3ワンコ」に励まされ、時間にゆとりがあり、恵まれている日々。
出かける時間も沢山出来て、今は、ワン子達がお留守番が普通なのですが
まだまだ、違和感があります。
看病していない自分が変に思える事も...

クッシングのお仲間の様子を知るのも、実は実は...本当は怖かったりします。
なんて弱いんでしょう。いくじなしです。
いまだに、病気と向き合えていない証拠。
ちょっと遊びに行きがてらだったり、どうしてるかな?と、すごく気になってみても、
いざとなると少し怖くなります。少しどころじゃないかな。
こんなんだから、ブログも更新出来ないんでしょうね。
mixiの日記も...未だにそのまま。
どう報告していいのか、どこから話せばいいのか、何を話せばいいのか。

あっちにいるあーちゃんにまで、心配かけるのは、もうそろそろ...しないとな。






















テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。