FC2ブログ

本日のあーちゃん 愛犬の病気(クッシングと気管支拡張症)の日記+3ワン

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と診断された犬、あーちゃん(ヨークシャーテリア)の日記。 毎日の尿や飲水量、体調の記録。+3ワン+時々飼い主

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、イチの「退院」のことで、いろいろと旦那様とバトルしたものの、
昼間、電話があり、
「イチロ、今日、退院?何時?先に行くの?」.....(__;;)
何ごともなかったかの様な、口ぶりに、
それならばってことで、一次休戦(__;)


2010年3月17日

昼間、院長に電話。
検査結果と、イチの様子を聞く。
退院は、今日でもOK!とのこでなので、
夕方、仕事終わりの旦那と一緒に迎えに行く事に。

---------------------------------------------------------------------------------------------

イチとご対面の前に.......
これまでの経過と今日の検査結果を聞く。

今日の午前中の検査結果。

「肝機能」(GPT)の数値は、正常値よりまだまだ高く、
「ALP」も、かなり高い数値。

これまでの「GPT」の結果はというと、大まかだけど、
手術後~700台→500台→400台
手術から10日目の今日は、3月17日→284

他は、正常値。

昨日は、少しウンチが柔らかかったとのこと。
同じく昨日、少し吐いたが、食欲があるので、特に問題はない。

そして、改めて、手術に関しての説明、病気の症状、
お薬の説明、家に帰ってからの過ごし方、ご飯の事、
気をつけなければいけない事、他の病気の心配、etc......

※正しくは、『胆泥症』たんでいしょう、『胆管閉塞』たんかんへいそく

等々、話している時、看護士さんに抱っこされて、イチ登場。
一瞬ポカ~ンとしていたけど、すぐに気づき、甘えた声で鳴くイチ。
感動の再会なのだけど、あたしは、一声一撫でして、旦那が抱っこ。
聞きたい事が他にもあったので、院長とまた話を続けた。

そうそう、抜糸。
手術から10日目。

「今、やろうか?」

と先生が言ったのだけど.....
1秒ごとに、興奮していくイチを見て、

「日曜日、来れる?」

ということで、少しでも早い帰宅を優先。

薬をもらって、費用の分割払い←(^^;)ここ大事
の相談をして、やっとこさ、退院。


気をつける事は、当たり前のことばかりだ。
ご飯もこれまでのご飯でOK。
元気で、行きたがるなら、徐々に散歩もOK。

「変わったことがあったら、連れてきてください」

「はい。でも、この判断が、難しい」と思わず言ってしまった。
---------------------------------------------------------------------------------------------

家までの車の中、興奮というか、気が高ぶっているイチは、
時折、吠えたり、クゥーン!クゥーン!と、ずーっと鳴いていた。
声をかけすぎても、余計に興奮するので、黙って撫で続けて、家に到着。

まず、ラッキと久々の対面。
吠えず、臭いを嗅いで、お互いを理解してるようだった。
お次ぎは、ルース。
吠えまくると予想していたけど.....吠えなかった。
でも、必殺?高速シッポフリフリで、お耳も下がりっぱなし、
臭いを隅々まで嗅ぎ、イチの周りをグルグルしていると、
イチが、「帰ってきたよ!」と、ルースの口にチュッチュッと。
なにか、確認しているのね。
それから、イチは、部屋の隅々まで、色々チェックする。
おトイレをすませ、またチェック。
あまり、かまわないようにしよう!と思っていたけど、つい気になってしまい、
あたしがストーカー。
2時間位経った頃、少し早めのご飯を半分ほどあげてみる。
あっと言う間にペロリ。
このタイミングで、ちょっと出かけていた旦那が帰宅したものだから、
なんだか、嬉しそうに、ちょっと飛んでみたりするので、ヒヤヒヤした。
本当に元気◎
気が高ぶっているのも手伝い、テンション高いままなので、
本格的に無視作戦をすることにした。
しばらくは、クゥーンと何度もないていたけど、
かなり疲れたのか、この日、新しくおろした、ベッドで寝床作りを始めた。
色々考えて、くつろいでもらう為に、三種類の寝床を用意した。
新しいの好きだもんね。
もう寝るなぁと横目でイチを見ていると、その側で、ルースは、お先にスヤスヤzzzzzz
.....迎えるワンも疲れるのね。

今、日付が変わって、0時半。
今は、クゥーンとなくこともなく、
少し眠って、ちらっとこちらを確認して、また眠るを繰り返してる。
この数時間で、随分落ち着いた。
やっと??
少しホッとしたし、わが家が一番なんだと改めて実感した。
今回の手術、臓器をひとつ、取ってしまったのだから、
「胆嚢」は、なくても大丈夫.....とはいえ、
イチの身体にとっては、大きな大きな変化。
体調の管理等、いろいろと課題はあるけど、
元気な姿を見たら、やる気が出てくる。
フードもイチの体調に合わせたものを探そう。
様子を見て、サプリにも挑戦してみようかな?

お帰り、イチ♪
10日間、100倍くらい長い時間だったような気がするよ。
本当によくがんばったね!!!!!!!
いい子いい子♪
もっと元気になるように、一緒に頑張るからね!!!!!!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2010年3月16日
---------------------------------------------------------------------------------------------

今日、検査は、なし。

「肝機能」の数値は高いが、食欲もあり、元気になってる。
退院可能である。
---------------------------------------------------------------------------------------------

嬉しい!!!!!!!
こちらの都合で、退院できるということ。
こちらの準備次第。
おそらく、明日の夕方、迎えに行く。

退院の日取り、予後の心配、退院後の過ごし方、etc...
あれやこれや旦那とケンカ。
答えのない、ケンカ。
どちらも一歩も譲らない、最悪なケンカ。
今、やる事が多すぎて、とても忙しい。
多分、目がまわっているんだと思う。
仕事に追われる時期。
あたしは、自分の病院へ行く事すら、忘れてしまっていた。

わん達の事で、ケンカするのは、どうにも後味が悪い。
大人 VS 大人
答えのない問題を考え方の違う人間同士が話し合うなんて、
ケンカの元。
真っ向勝負しようとしても、勝敗がつかない。
わかっていても、なぜこう.......本当に後味悪い。
病気の事は、先生に聞くもの。
何より、あたし達は、医者じゃない。
お互いの偏った知識を出して、ケンカなんてしてる場合ではない.......
嬉しい日を迎えられるというのに、これじゃ台無し。
どちらかが悪い訳ではない。
もちろん、イチを想うからこそなのだけど。

あーちゃんの病気がわかる前までも、よく言い争って、
毎日の様に後味が悪かった時期があった。
結局、どちらも充分納得のいく答えは、どこにもなかったから.....
また、同じ事やってる。
情けないな。

家に帰ったら、安静にしなければいけない、イチ。
性格からも、興奮は、避けられないし、
ルースやラッキも待っている。
彼らも大興奮するはず。
当分の間、十分に気をつけなければ(><;)
今回は、初めての長期入院だった。
退院後のケアこそ、簡単な事ではないはず。
ストレスを避け、ゆったりくつろいでもらわなければ.......
家が仕事場で良かったと思うのは、こんな時、特に。
ワン達と一緒に過ごせるあたしの特権。
責任重大の、でも嬉しい特権。

イチ、ごめん.......また、にーちゃんとケンカ。
心配かけない様、当分ケンカしない、約束。
もうすぐ、迎えに行くよ。
もうちょっとだけ、もうちょっとだけ待っててね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2010年3月14日
---------------------------------------------------------------------------------------------

今日は、検査なし。

食欲があり、見た目、回復しており、日に日に緩やかながら元気になっている。

---------------------------------------------------------------------------------------------


2010年3月15日
---------------------------------------------------------------------------------------------

今日のイチの検査結果(午前中)

「肝機能」の数値は、まだ高い数値.......正常値の約6倍。
「黄疸」等、他の心配部分は、正常値とのこと。
食欲あり。
嘔吐なし。

退院しても良い程まで、回復しているという。
---------------------------------------------------------------------------------------------

すぐにでも、迎えに行き、家に連れて帰りたいが、
正直、心配な部分があるので、もう少し様子を見た方が良い思い、
話し合い、もう少しだけ、退院を先にする事にした。

本当にすごく頑張ってる。
いい子、いい子。
明日も、頑張ってね!!!!!!!
早く、会いたい。
1日でも早く、元気に回復して欲しい。

今日よりも明日、明日よりも明後日.......
明日も、良い経過を聞けます様に。
イチ、また明日ね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2010年3月12日
---------------------------------------------------------------------------------------------

今日は、検査はありません。

お水をがぶ飲みして、お水を吐いてしまったとのこと。
食欲があり、見た目からも、元気になっていくのが見てとれるとのこと。

---------------------------------------------------------------------------------------------

2010年3月13日
---------------------------------------------------------------------------------------------

今日のイチの検査結果(午前中)

「肝機能」の数値は、少し下がっているものの、まだまだ高い数値。
「黄疸」等、他の心配部分は、ほぼ正常値とのこと。

食欲あり。
嘔吐なし。
昨日あたりから、まわりの変化に気づいて、吠えるようになったそう。
動きも良くなってきたようだ。

このまま、順調に回復すれば、来週中にも退院出来るとのこと。
---------------------------------------------------------------------------------------------

まだ心配は、残るものの、緩やかながら、回復しているということなのだろう。
吠えたというのが、それを示しているようだ。
ただ、嬉しい。
来週中にも退院できるかもしれないのは、何より、嬉しい便り。
もちろん、退院後のケアも気になる所だけど.....
今は、とにかく、回復して、元気に退院することが目標。

嬉しいな。
よーく頑張ってる。
偉いね、イチ。
まだまだ、頑張らないとね。

また、明日も、頑張るんだよ!!!!!!!
早く、会いたいな。ぎゅっとしたいな。
信じてるよ。
明日もまた、良い結果が聞けます様に.....


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2010年3月11日

---------------------------------------------------------------------------------------------

今日のイチの検査結果(午前中)

「肝機能」の数値は、昨日より下がっているが、まだまだ高い数値。

昨日から今日にかけ、1度、(嘔吐)吐いたが、食欲があり、
見た目からも、元気になっているのが見て取れるとのこと。


---------------------------------------------------------------------------------------------

少しでも何か良い結果を聞くと、心底、嬉しい。
まだとても高い数値ではあるけど、少しでも回復していると
あたしも少し元気になる。

信じてるから、大丈夫だね。
強い子だから、大丈夫だね。

イチ、頑張れ!!!!!!!
遠くから、応援してくれる人も沢山いるよ!!
必ず、乗り越えよう!!
ご飯食べて、病院にも慣れて、少しずつでも回復して、
本当にいい子だね、イチは♪
頑張れ、イチ!!!!!!!

明日もまた、少しでも良い結果が聞けます様に。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2010年3月10日

今日は、午後から、経過を聞く為、病院へ。
面会は、今日も出来ないけど、そっと覗くと、ちょこんと座っている。
愛おしい。

---------------------------------------------------------------------------------------------

今日のイチの検査結果(午前中)

『肝機能』の数値が、あまり下がらず.....
他、黄疸等他の心配部分は、グンと下がった。
発熱なし。
食欲あり。

摘出した『胆嚢(たんのう)』を先生が目の前で切開。
まるで、水風船にパンパンになるまで水を入れて、
ふくらませた様な中から、どろっとした物が出る。
(写真があるのだけど.....後で載せます)

病名:『胆泥症』たんでいしょう

「胆管」「肝臓」は、特に異常はないようで、
お腹を開いた状態で目視した時にも、異常は、なかったと。

タイムリミットは、極めて近い状態だったので、
いち早く開腹して良かったとのことだった。

---------------------------------------------------------------------------------------------

自分でも色々調べ、先生の話も聞き、原因をこの目で確かめ...
...開腹する決断が即時に出来たこと、今、本当に良かったと思う。
油断は出来ないけど、イチの生きる力を何よりも強く信じてる。
今はとにかく、『肝機能』の数値が良くなる様、神様にお願い。
いつだって都合良く頼るけど.....何卒お許しを。

頑張れイチ!!!!!!!
絶対、元気に回復して、帰ってくるんだよね!
いろんな力を信じて...
頑張れ!!!!!!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
2010年3月9日

イチ、入院2日目。

午前中に検査。

検査結果は、『肝機能』の数値が、それほど下がらず。
前回のレントゲン検査の際、『肝臓』に影の様なものがみられたが、
今朝のレントゲンには、そのようなものは、全く写っていなかったそうだ。
『黄疸』の数値も高いので、油断は出来ない。

今日から、食事も........食欲もあるとのこと。

吠えたり、パニックになったりする事なく、病院の環境にも慣れてきた様子。
ケージでも、落ち着いて過ごしていると。

と、先生からの連絡があった。

今日も面会は、なし。ぐっと我慢。
前向きに一生懸命頑張っているイチの為。
とにかく、何よりも一日も1時間でも早く、良くなる事だけを信じて過ごそう。
イチ!ご飯食べて、頑張れ!!!!!!!
精一杯パワー送ってるから!!!!!!!

ルースは、イチがいないから、なんとなく寂しげ...
かまってくれる兄ちゃんがいないから、つまらないのだろう。
1日でも早く帰って来れる様、いい子で待っていようね。

何もしてあげられない事が、待つ事が、こんなにも辛いとは、想像もつかなかった。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
18時、病院から電話があり、『胆嚢(たんのう)の摘出手術』は、無事終了。
お昼過ぎからの手術、長い時間だった。
『胆嚢(たんのう)』は、パンパンに腫れあがっていて『胆石』が詰まっている可能性もあると。

-----------------------------------------------------------------------------------------
※病名は、『胆泥症』たんでいしょう
-----------------------------------------------------------------------------------------

今は、これ以上わからないけど、難しい状況での、「摘出手術」は、無事に終わった。
とにかく、手術をよく頑張った。本当に本当によく頑張った。
イチは、麻酔から目覚めているとのこと。
明日の午前中、検査をして、全ての数値が下がれば、少し安心出来そう。

本当ならば、すぐに面会に行くけど...
お昼に旦那が病院で先生に説明を受けている間、大好きな旦那の声を聞いて、
ケージの中で、精一杯の声で吠えてしまい、パニックしていたらしい。
今日は、安静第一なので、今日の今からの面会は、体調に負担があるとのことで、
会いにいくのは、諦めることに...
私達を見たら、手術で疲れた身体で、目一杯に吠えて、うちに帰りたいと思わせてしまう。
帰り際には、置いて行かれるのではと、心配するだろう。
ゆっくり休ませることが第一。
これも、イチの回復の為。
会いたいのは、飼い主の方。
早くほめてあげたい。

明日、『検査結果』『摘出した胆嚢(たんのう)』『病状の詳細』を聞きに病院へ行く。
少しだけ会えるだろう。
回復が順調なら、明日から大好きなご飯も食べれるかもしれない。
緊張は、まだ続く。
今度は、あたしが頑張らねば。

さっき、聞いた話。
本当ならば、手術前検査をしてから、手術をする。
だけど、今回のイチの場合は.......
「高齢」であるということ、
「症状の重さ」(「肝機能」や「黄疸」の数値がとても高い)
以上のことから、イチの体力が麻酔に耐えられない可能性があった。

一度、あたしへ報告する為、自宅に戻り、またすぐ病院へ戻り、手術の申し出をした際、
旦那の判断で、手術前検査をせず、すぐに手術(開腹)して欲しいと、先生に申し出たそうだ。
リスクは多くあったはずだけど、あたしも同じ気持ちで、待つことは、しなかったと思う。
でも、こういう時のとっさの判断は、旦那の得意分野だと、感心した。

もし、様子を見たり、検査等で、手術の時間を数時間でも遅らせていたら、と考えると、
旦那に感謝しなければ。
ここでお礼を言おう...
心からどうもありがとう。

ブログを書いたおかげで、少しだけ気持ちが落ち着いてきた。
自分の頭の中を整理出来る場所なのかな?
手術というのは、去勢手術以外では、初めての経験だった。
高齢犬との生活も、初体験中。この先は、未知の世界...

イチ、ゆっくり身体を休めるんだよ。
病院、大嫌いかもしれないけど、今日は、ぐっすり眠れます様に。
明日、会いに行くよ。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
今、手術中とのこと。
簡単な、手術ではない。
肝臓から、胆嚢(たんのう)をはがし、胆嚢(たんのう)を全部摘出する。

さっき、ネットで、似た様な症状の『胆嚢(たんのう)摘出』の手術例を見つけた。
順調に回復している、わんちゃん。8歳。若いなぁ。

イチロと散歩に出れば、
「この子は、長生きするよー」
「元気だねー、長生きするねー」
「歯がなくたって、目が見えなくったって、うちのマルチーズは19歳まで生きてさ、
この子も長生きだから、心配ないよー」
いつもいつも、いろんな飼い主さんに「元気なおじいちゃん」と言われます。
こうして、褒め言葉をいただき、一番励まされていたのは、あたしだ。

精一杯の強い気持ちで、イチロを信じて、関わる全てを信じて、連絡を待つ。
イチロ、頑張れ!!!!!!!
絶対、乗り越える。
必ず、必ず、乗り越えるぞ。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
旦那が病院へ連れて行き、10時半頃、戻ってきました。
イチロは、まだ病院です。

朝方よりも、数値がどんどん悪くなってしまい、
『胆汁(たんじゅう)』が身体全体にまわってしまっている為、
『胆嚢(たんのう)を摘出する』手術をするか、決めたいと。
予断を許さない状況です。
時間が経てば、麻酔にさえ、耐えられないかもしれないとのこと。

14時までに返事をとのことでしたが、悩む間もなく、決めました。
悩む時間がないのは、おバカなあたしにもわかりました。

可能性があるなら、手術して欲しいと旦那に伝え、そのまま、旦那は病院へ戻りました。
出来る事、可能性があるなら、なんでもして欲しい。飼い主バカでもいい。
イチロなら、必ず乗り越えてくれる!強い子だから。

少し横になったら、眠ってしまった。
少し前に目が覚めて。

旦那は、やらなければいけない仕事があり、仕事にそのまま行ってしまったみたい。
あたしが眠っていたから、声をかけなかったのか。

『手術時の同意書』が、キッチンに置かれていました。試験開腹、吸入麻酔...

今は、旦那からの連絡待ち。
もうすでに、手術をしているのかわからないけど、気持ちを前向きにしたいから、
記録を書くことにした。

頑張れ、イチ!あたながこの困難を乗り越える強さがあると信じてる。
頑張れ!!!!!!!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
コメントの返事も疎かにしたまま。
こーんな、長期間ほったらかしなブログに、こんなこんなブログに、
足を運んできていただけること、心から感謝しています。
今年こそと思い、気がつけばもう、3月。
正直、自分の体調はいいとは言えません。
まるで身体と時間がバラバラに動いて、収集がつきません。



イチロ(ミニチュアダックス)のおじいちゃんの話です。

1996年2月25日生まれ 男の子
高齢犬 です。

あーちゃんと同じお家から、あーちゃんの兄貴のごとく、うちにやってきた、
根性のある、我慢強い子です。
最初の頃は、何度も噛みつかれましたが...(笑)

体調の話なので、ここに書く事にします。
というか、まだ、まとめてもないのですが、
書かずにいられないので、書きます。

2009年12月
3~5日おき位に「フードが溶けた嘔吐」
元気に散歩も行き、食欲もあり、お家では、自分からオモチャを持ってきて遊ぼう!と誘い...
ただ、気になったのは、自分の尿を舐め(シートを)、もともと食欲が旺盛なのが、
わをかけて旺盛になった事。
...ルースの食事を恨めしそうに見ていた事。
高齢のせいか、運動量も少し減り、ぽっちゃりしてきた。
以前からの歯周病の心配もあり、そんないろいろで、病院へ連れて行きました。
レントゲン、血液検査をしましたが、その日は、なんともはっきりした結果が出ず、
数日後、空腹時に再検査しました。
結果は、レントゲン、血液検査、尿検査、いずれも特に異常はみられないとのこと。
吐き気止めのお薬を5日分もらい、その後は、吐き気もほとんどありませんでした。
薬が効いたのかどうかは、正直言って、謎ですが、2月は、一度も嘔吐はありませんでした。

そして、今、どうしてまた、急に私がここに現れたのかというと...
少し気を抜いていたのかもしれない。

2010年 3月7日 日曜日
お昼頃から、イチロの様子が変だと、旦那言う。
いつもいる場所ではない、扉を前におすわりのまま、ボーッとしていると...
生活のリズムがおかしい私。普通の皆さんと少し時間がずれています。
午前中~お昼頃に起床します。
で、私が起きると、ワン達の朝ご飯、1回目のご飯になります。
昨日は、イチロを呼んでも、こちらに来ません。
ご飯をちらつかせて、ほらほら~とあおっても、反応がありません。
ちらっと見るだけ。
じゃあ、と、大好きな小魚を目の前に差し出して、3ミリ程の頭の部分を食べて、
遠くを見る様な仕草をします。
じゃこれは?と、ジャーキーを差し出してみるも、5ミリ程のちぎった物を一つ食べて、
またまた遠くをみていました。
むやみにかまうのはやめて、少し様子を見てみようと、みんなでゴロゴロ作戦。
でも、落ち着いて眠る気配もなく、おすわりのまま、うとうとしたり。
暫くして、トイレへ行きました。
見た目は特に異常のみられないものでした。
ウンチも同じく。
トイレの帰りにお水を飲みました。
それから、1~2時間くらいでしょうか、『吐き出し』です。
朝早く、旦那が3粒フードをあげたもの、お水、小魚、ジャーキー。
ただただ、なんか調子悪いんだと、またまた様子をみる事にしました。
何より、すごくゆっくりと歩くので、腰か、関節か?と、ぼんやり思ったり。

16時頃、2度目、吐きました。
今度は、黄色、『胆汁』です。
吐いた後、また、おすわりのまま、一点を見つめています。
熱があるかなとか、いろいろ頭を巡ります。
でも、答えは全く判りません。
すごく小さな声で『クウーン』と鳴いてる。
旦那は、息が荒くなってきたと言ってたけど、私は違うと...
素人の大人だけの会話は、なかなか一致するものではなく。
何年、飼い主やっていていても、わかりません。
ここで、私は、PCの前に座り、またまた悪いのか良いクセが出てしまい、
いろいろな病気を疑います。
一気に落ち込み、すでに半べそ。

18時頃、また吐いてしまいます。
また『胆汁』ですが、今度は、泡状のものです。
もう、吐く物がないということですよね。
せめて、お水を飲まないかと、寝ているすぐ側に、お水を置いてみます。
見向きもしません。

またしばらくすると、自ら、ゲージに入り、布団に潜ってしまいます。
寝ているのかと、そっと耳を傾けてみると、何分かおきに、
小さな声で「クゥーン」と鳴いています。
その後は、起きては潜り、起きては潜り、繰り返し...
絶食絶飲のまま、ゲージから出てきませんでした。
やっと眠ったのかなと、そろそろお風呂入ろうかと、
明日、朝一番で、旦那が病院に連れて行くって言ってたから...

2010年3月8日
すでに日付が変わり、午前3時過ぎ。
布団から、出てきました。
そのとたん、苦しそうに、吐きました。
いつも吐く様子と明らかに違い、身体がグラグラしていました。
この時、吐いた物は、液状の茶色。薄めたコーヒーみたいな色。
2度目もすぐに吐き、直後に前足を上げ、身体全体がグラグラして、焦点が定まらない。
と、その瞬間、パタリと横向きに倒れ、前足、後ろ足共に、プルプルと振るわせます。
「痙攣、発作」。
旦那を起こし、あたしは、救急に電話を。
過去の経験から、即時に記憶を整理して、現状を伝えました。
この間、おそらく、2分弱。
時間を計るのも忘れています。あたし、バカ。
電話の途中、ちらと見ると、旦那が抱き上げました。
身体は、ゆだねているものの、先程とは違い、焦点は定まっている様に見えます。
救急病院からは、『すぐにつれてきてください』と。

あっというまに記憶がよみがえります。
バシバシ、フラッシュバック。
どうすべきかが。
落ち着け、落ち着け。

あーちゃんの救急時は、旦那はいつも出張でした。
旦那は、初めて自ら車を走らせ、動揺しているものの、スムーズに救急病院に到着。
車の中ではもう、イチロは「どこいくの?」と言う顔つきで、痙攣が嘘のようで...
声をかけても反応する。

外で待ってくれていた、先生と看護士さんにイチロを預けます。
ただただ慌てている私達、先生は、すぐ診察に。
症状を書類に記入。
誕生日をど忘れし、そこで、もめる私達は、ただの、ただの人でした。
全く、ただの、人と人。ダイノオトナ...

診察室に入ると、触診、血液検査準備、エコーです。
先生が
「『肝臓』なんですけど、ここ、痛いみたいですね、嫌がりますね、
○○病院での検査の時、何か言われた事ありましたか?あと十二指腸が....」

ここで、しっかり答えるべきなのですが、頭真っ白でした。
話の途中で、また『発作』が起きました。

自分にも怒りが湧いて、言葉つまる。
と、見てる旦那が、
「小さい時頃にも、何度か発作があったらしいです」

.....こんなでっかい発作があったなんて、あたし、聞いてませんが!!

以前の飼い主さんは、最低です、本当に。なにしてんだか。スルーですか。
ここにきて、旦那も最低だ!このタイミングでの告白は、あたしにはどん底でした。
ここでもめても仕方がないので、黙ってましたよ。私もいいお歳なので。
不仲夫婦なんて、こんなもんです(笑)
...勘がいい方は、前の飼い主さん、わかるかな?

先生
「黄疸も出ていますし...発作も...ですね、先天性の...その可能性も...で、...で、....で」
空気、読まれてます、恥ずかしかったです。

血液検査の結果が出ます。
先生「肝機能の数値と、白血球数が...前に何か聞いていませんか?それから...」

ただうなづき、ただ耳を傾け、必死でしたが、全然、頭がまわりません。

先生「今日は、この時間ですが、入院してもらって、この後、レントゲンも撮らせていただきます。
朝、8時30分頃、迎えにきてください」

数時間でも寂しい思いをさせまいと、せめてもですが...
旦那のことが大大大好きなイチロの為、旦那のシャツをケージに入れて。

入院手続きの書類に記入する時に、ふと...気づきました。
あーちゃんが何度もお世話になった先生と看護士さんでした。
あの時は、あーちゃんの点滴の間、クッシングの事やら、病院の評判等、
ずけずけとメモを片手に先生に聞きまくったり...
看護士さんには、酸素室でパニックになってしまう、あーちゃんの為に、
酸素チューブを外に出してもらったり、泣き顔のあたしをなだめてもらったりと、
場違いな気もしましたが、お礼を言いました。
沢山の中の一人と1ワンなので、覚えているかではなく、なんかこみ上げてくるものがあって。

帰りは、悔し涙が出てきてしまい、後悔だらけでした。
日が暮れないうちに、かかりつけの病院へ連れて行けば良かったとか、
気持ちをねじ曲げないで、思った通りに、自分らしく、大げさに心配していれば良かったとか。
何より、『黄疸』に気づかなかったことは、悔しかった。
あれこれ、悩んで、詰め込んで、いろいろ学んだはずだった。
本当に悔しい。詰め込むと、次から次へと出て行っちゃうのか。

今、イチロ、どうしてるかな?
うちに来る前に、胃腸炎で2度も入院したことがあったんです。
1~2歳の頃です。
病院のケージの中で、凄くパニックで、その後、狭い場所避ける様になったそうで。
それを聞いていたので、うちに来てからは、ケージの練習をして、パニクることはなくなりました。
が....でも、どうかな?
体調の度合いにもよるけど、点滴して、体力少し戻った頃、なんでここにいるのー!!
お家じゃないよって、鳴いちゃうかな?鳴いちゃうよね。

少しだから、ちょっとだけだから頑張っておくれよ。
すぐ迎えにいって、病院行って、お薬もらって、治そう。
もしかしたら、入院...は、できるだけ避けて、おうちに帰れる様にね。
でも、もしかしたらもしかしては、元気になる為だからね。
大好きなお兄ちゃんがすぐ迎えにいくからね。

今の所、緊急の連絡は、ありません。
あと、1時間半。
どうか、どうか、電話がありませんように。

元気に治す事が一番、でも、原因が何かということが、はっきりするといいな。
高齢だから?
それとは、関係ない?
検索すると、色々出てきて、なんだかなので、
少しゴロゴロしておきます。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ

















テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。