FC2ブログ

本日のあーちゃん 愛犬の病気(クッシングと気管支拡張症)の日記+3ワン

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と診断された犬、あーちゃん(ヨークシャーテリア)の日記。 毎日の尿や飲水量、体調の記録。+3ワン+時々飼い主

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18時、病院から電話があり、『胆嚢(たんのう)の摘出手術』は、無事終了。
お昼過ぎからの手術、長い時間だった。
『胆嚢(たんのう)』は、パンパンに腫れあがっていて『胆石』が詰まっている可能性もあると。

-----------------------------------------------------------------------------------------
※病名は、『胆泥症』たんでいしょう
-----------------------------------------------------------------------------------------

今は、これ以上わからないけど、難しい状況での、「摘出手術」は、無事に終わった。
とにかく、手術をよく頑張った。本当に本当によく頑張った。
イチは、麻酔から目覚めているとのこと。
明日の午前中、検査をして、全ての数値が下がれば、少し安心出来そう。

本当ならば、すぐに面会に行くけど...
お昼に旦那が病院で先生に説明を受けている間、大好きな旦那の声を聞いて、
ケージの中で、精一杯の声で吠えてしまい、パニックしていたらしい。
今日は、安静第一なので、今日の今からの面会は、体調に負担があるとのことで、
会いにいくのは、諦めることに...
私達を見たら、手術で疲れた身体で、目一杯に吠えて、うちに帰りたいと思わせてしまう。
帰り際には、置いて行かれるのではと、心配するだろう。
ゆっくり休ませることが第一。
これも、イチの回復の為。
会いたいのは、飼い主の方。
早くほめてあげたい。

明日、『検査結果』『摘出した胆嚢(たんのう)』『病状の詳細』を聞きに病院へ行く。
少しだけ会えるだろう。
回復が順調なら、明日から大好きなご飯も食べれるかもしれない。
緊張は、まだ続く。
今度は、あたしが頑張らねば。

さっき、聞いた話。
本当ならば、手術前検査をしてから、手術をする。
だけど、今回のイチの場合は.......
「高齢」であるということ、
「症状の重さ」(「肝機能」や「黄疸」の数値がとても高い)
以上のことから、イチの体力が麻酔に耐えられない可能性があった。

一度、あたしへ報告する為、自宅に戻り、またすぐ病院へ戻り、手術の申し出をした際、
旦那の判断で、手術前検査をせず、すぐに手術(開腹)して欲しいと、先生に申し出たそうだ。
リスクは多くあったはずだけど、あたしも同じ気持ちで、待つことは、しなかったと思う。
でも、こういう時のとっさの判断は、旦那の得意分野だと、感心した。

もし、様子を見たり、検査等で、手術の時間を数時間でも遅らせていたら、と考えると、
旦那に感謝しなければ。
ここでお礼を言おう...
心からどうもありがとう。

ブログを書いたおかげで、少しだけ気持ちが落ち着いてきた。
自分の頭の中を整理出来る場所なのかな?
手術というのは、去勢手術以外では、初めての経験だった。
高齢犬との生活も、初体験中。この先は、未知の世界...

イチ、ゆっくり身体を休めるんだよ。
病院、大嫌いかもしれないけど、今日は、ぐっすり眠れます様に。
明日、会いに行くよ。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://achan0121.blog98.fc2.com/tb.php/33-0099293e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。