本日のあーちゃん 愛犬の病気(クッシングと気管支拡張症)の日記+3ワン

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と診断された犬、あーちゃん(ヨークシャーテリア)の日記。 毎日の尿や飲水量、体調の記録。+3ワン+時々飼い主

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、イチの「退院」のことで、いろいろと旦那様とバトルしたものの、
昼間、電話があり、
「イチロ、今日、退院?何時?先に行くの?」.....(__;;)
何ごともなかったかの様な、口ぶりに、
それならばってことで、一次休戦(__;)


2010年3月17日

昼間、院長に電話。
検査結果と、イチの様子を聞く。
退院は、今日でもOK!とのこでなので、
夕方、仕事終わりの旦那と一緒に迎えに行く事に。

---------------------------------------------------------------------------------------------

イチとご対面の前に.......
これまでの経過と今日の検査結果を聞く。

今日の午前中の検査結果。

「肝機能」(GPT)の数値は、正常値よりまだまだ高く、
「ALP」も、かなり高い数値。

これまでの「GPT」の結果はというと、大まかだけど、
手術後~700台→500台→400台
手術から10日目の今日は、3月17日→284

他は、正常値。

昨日は、少しウンチが柔らかかったとのこと。
同じく昨日、少し吐いたが、食欲があるので、特に問題はない。

そして、改めて、手術に関しての説明、病気の症状、
お薬の説明、家に帰ってからの過ごし方、ご飯の事、
気をつけなければいけない事、他の病気の心配、etc......

※正しくは、『胆泥症』たんでいしょう、『胆管閉塞』たんかんへいそく

等々、話している時、看護士さんに抱っこされて、イチ登場。
一瞬ポカ~ンとしていたけど、すぐに気づき、甘えた声で鳴くイチ。
感動の再会なのだけど、あたしは、一声一撫でして、旦那が抱っこ。
聞きたい事が他にもあったので、院長とまた話を続けた。

そうそう、抜糸。
手術から10日目。

「今、やろうか?」

と先生が言ったのだけど.....
1秒ごとに、興奮していくイチを見て、

「日曜日、来れる?」

ということで、少しでも早い帰宅を優先。

薬をもらって、費用の分割払い←(^^;)ここ大事
の相談をして、やっとこさ、退院。


気をつける事は、当たり前のことばかりだ。
ご飯もこれまでのご飯でOK。
元気で、行きたがるなら、徐々に散歩もOK。

「変わったことがあったら、連れてきてください」

「はい。でも、この判断が、難しい」と思わず言ってしまった。
---------------------------------------------------------------------------------------------

家までの車の中、興奮というか、気が高ぶっているイチは、
時折、吠えたり、クゥーン!クゥーン!と、ずーっと鳴いていた。
声をかけすぎても、余計に興奮するので、黙って撫で続けて、家に到着。

まず、ラッキと久々の対面。
吠えず、臭いを嗅いで、お互いを理解してるようだった。
お次ぎは、ルース。
吠えまくると予想していたけど.....吠えなかった。
でも、必殺?高速シッポフリフリで、お耳も下がりっぱなし、
臭いを隅々まで嗅ぎ、イチの周りをグルグルしていると、
イチが、「帰ってきたよ!」と、ルースの口にチュッチュッと。
なにか、確認しているのね。
それから、イチは、部屋の隅々まで、色々チェックする。
おトイレをすませ、またチェック。
あまり、かまわないようにしよう!と思っていたけど、つい気になってしまい、
あたしがストーカー。
2時間位経った頃、少し早めのご飯を半分ほどあげてみる。
あっと言う間にペロリ。
このタイミングで、ちょっと出かけていた旦那が帰宅したものだから、
なんだか、嬉しそうに、ちょっと飛んでみたりするので、ヒヤヒヤした。
本当に元気◎
気が高ぶっているのも手伝い、テンション高いままなので、
本格的に無視作戦をすることにした。
しばらくは、クゥーンと何度もないていたけど、
かなり疲れたのか、この日、新しくおろした、ベッドで寝床作りを始めた。
色々考えて、くつろいでもらう為に、三種類の寝床を用意した。
新しいの好きだもんね。
もう寝るなぁと横目でイチを見ていると、その側で、ルースは、お先にスヤスヤzzzzzz
.....迎えるワンも疲れるのね。

今、日付が変わって、0時半。
今は、クゥーンとなくこともなく、
少し眠って、ちらっとこちらを確認して、また眠るを繰り返してる。
この数時間で、随分落ち着いた。
やっと??
少しホッとしたし、わが家が一番なんだと改めて実感した。
今回の手術、臓器をひとつ、取ってしまったのだから、
「胆嚢」は、なくても大丈夫.....とはいえ、
イチの身体にとっては、大きな大きな変化。
体調の管理等、いろいろと課題はあるけど、
元気な姿を見たら、やる気が出てくる。
フードもイチの体調に合わせたものを探そう。
様子を見て、サプリにも挑戦してみようかな?

お帰り、イチ♪
10日間、100倍くらい長い時間だったような気がするよ。
本当によくがんばったね!!!!!!!
いい子いい子♪
もっと元気になるように、一緒に頑張るからね!!!!!!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://achan0121.blog98.fc2.com/tb.php/40-1b7df05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。