本日のあーちゃん 愛犬の病気(クッシングと気管支拡張症)の日記+3ワン

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)と診断された犬、あーちゃん(ヨークシャーテリア)の日記。 毎日の尿や飲水量、体調の記録。+3ワン+時々飼い主

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVC00257.jpg
DVC00288.jpg
DVC00296.jpg

なんだか、いろいろ。

「長男イチ」
は、肝機能、ビックリするくらい回復。
腎臓数値が高め。
その後ある日、一昨年にあったほどではないけど、鼻水に血が混じっている。
見た目は、鼻水80/血20、すぐにおさまったので、様子を見る事にする。
少し前から、気になっていた尿の色も気になり、翌日、病院へ持参した尿。
鼻血は、コウセイブシツ。
持参した尿、尿検査で、比重が.....『腎臓病の症状』。
初期症状の段階と想定し、すぐに療法食に切り替えることをすすめられた。
鼻水、要観察。

「次男、ラッキ」、ある日、のどがつかえる様な仕草で、フーガっ!フーガっ!フガフガフーと、
口を膨らましたり揺らしたり、首を天に向け、まるで鼻で息が出来ない様な、
のどに骨でも使えている様な仕草を.....
その辛そうな様子が30分おきに、3.4時間続いた為、心配になり、
一応病院へ...のつもりが、心雑音。
診断は、「心臓病」
『僧帽弁閉鎖不全症』『弁膜症』
レントゲンの結果は、『気管虚脱』
すぐ投薬、療法食。
大好きな『散歩の制限』、絶対的に『安静』なのだ。
他の心配もありつつ...

ムードメーカー、末っ子「ルース」。
ラッキを部屋に慣れさせようと、数時間、何度か部屋で過ごすものの、
ある日は、仲は悪くないはずなのに、なんだか、おどおどと、落ち着かず。
その2日後、『血便』
イチの鼻血と同じ日だったので、朝一の便を持参し、翌日、一緒に病院へ。
『ストレス性だろう』、原因は、「不明」
持参した便には、何も悪い所はなかった。
次の日には、普通の便だった。

そんな、こんな、でした。

また、後日改めて。

スポンサーサイト
テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/07(木) 06:12:05 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/04(日) 12:07:55 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://achan0121.blog98.fc2.com/tb.php/42-4d843c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。